結婚式の肝である、式場見学。

多くの人にとって初めてのことなので、急いで決めて後悔した、という人も少なくありません。

式場見学で後悔している、という体験談を集めました。

これから式場見学をする、という方には後悔のない式場選びをするためにも、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

式場見学の後悔その1

 

・ドレスショップの場所をしっかり確認しておけばよかった。

結婚式場に提携しているドレスショップは、結婚式場内にはなく、別の場所にありました。 そのため、衣装合わせは結婚式場ではなく、その別の場所のドレスショップに行かなければいけません。 その場所が最寄り駅からも遠く、なおかつ周りに駐車場もないところ。とくに天候の悪い日には、毎回の衣装合わせが大変でした。

・ほかの結婚式場も見ればよかった。

私も夫もめんどくさがりな性格。そのため、休みの日にわざわざ何軒も結婚式場の見学に行くということが億劫で、ようやく見学予約を入れた式場に決めてしまいました。 そのため、ほかの結婚式場と料理や衣装、金額などの比較ができませんでした。
また、入籍をしてすぐに結婚式場の見学に行かなかったため、入籍後から約1年も経ってからの結婚式になってしまいました。 もっと早く動き出していれば、希望の日程で結婚式をあげられただろうと思います。

 

 

式場見学の後悔その2

 

式場見学を同じ日に2件予約してあったため、2件目の見学が終わる頃には夜になってしまっていました。 そのため、疲れていて段々どうでもよく感じてしまい、1件目よりも見た目が豪華で日程の融通が利いた2件目の式場に当日のうちに決めて契約までしてしまいました。 当日中に契約してくれれば値引きするという口実にうまく乗せられてしまったということもありますが、実際には大した値引きではなく、ショックでした。 当日の見積もりでは予算内で収まる計算でしたが、内訳をよく見ておらず、あとから確認すると追加しなくてはならない項目がたくさん出てきてしまい、結局予算をオーバーしてしまいました。  1件目の式場では、まだ余裕があったのできちんと見積もりの内訳まで確認していて、追加の項目もほとんどなく予算内に式を挙げることができると確認していたので、もう少しよく考えてから決めればよかったと後悔しています。 また、式場が大きな道路沿いにあるため交通量が多く、式場の中にいても車の通る音が聞こえていることにあとから気づき、雰囲気が台無しだと思いました。

 

 

式場見学の後悔その3

 

私達はゼクシイやインターネットで、時間をかけてでもできる限り多くの会場を見学し、細かいところまで吟味した上で式場を決めるつもりでいました。 しかし、仕事の忙しさを理由に雑誌や口コミである程度候補を絞ってしまったのが第一の後悔です。 多くの写真や口コミを見るうちに、見学に行かずともある程度のイメージやクオリティは掴めるという自信が湧いてきてしまったのですが、実際は友人たちの結婚式に行く機会などにこんなステキな会場があったんだと思わされることが何度もあり、百聞は一見にしかずということわざを痛感しました。  第二の後悔は焦って決めてしまったことです。 見学に訪れた際、今日申し込みを行うと本当にお得ですという説明を受け、即決だけはしないと決めていたにも関わらず、見事に相手の術中にはまってしまい、すぐに契約をしてしまいました。 その時すでに他の式場で見学の予約を入れていたところがあり、試食もあるということで、参考程度にと思って見に行ったのですが、契約を決めたところよりも優れているところが多く、その時点で式の準備のモチベーションが下がってしまいました。

 

 

式場見学の後悔その4

 

1ヶ所目に見学したホテルの式場が、立地や雰囲気が良く、値段も手頃だったので、すぐ予約しました。その時は二人とも納得した上での予約だと思っていました。
しかし、式まで残り3ヶ月の段階で、妻が予約をキャンセルしたいと言い出しました。別のホテルも見学したかったのに、1ヶ所目で決めてしまったので言い出せなかったと言ってきました。 そのホテルは妻が子供の頃によく家族でレストランで食事をしていて、思い入れがあるので、そこで式を挙げたいと言うのです。
私は先に予約したホテルを気に入っていたし、出席者に日時を連絡していたり打ち合わせもかなり進んだいたので、キャンセルは絶対反対でした。式場を巡って大喧嘩になり、妻が打ち合わせをドタキャンする事態になってしまいました。 あまりに険悪だったので、正直、挙式をキャンセルしてそのまま離婚…なんてことも考えました。
打開案として、妻が希望していたホテルに見学だけでも行くことにしました。 そのホテルは設備が古く、館内が段差だらけでドレスでは歩きづらく、高齢の親族も移動が大変だと感じました。さらに値段も高かったので、妻はようやく諦めてくれました。 その後、先に予約した式場で無事に式を挙げることができました。
結婚式は重要なライフイベントなので、式場は夫婦がお互いに納得行くまで考えてから予約した方が良いと思います。

 

 

式場見学の後悔その5

 

妊娠が発覚し、ドタバタと結婚式の準備を始めました。 最初に式場見学に行ったレストランは少し山を登ったところにあり、ガーデンからのロケーションが最高でした。ここで写真が撮れたら綺麗だろうという思いと、出産までの限られた時間という焦りから、他の式場を見ずに1件目で契約をしてしまいました。
実際に打ち合わせが始まってみると、「あれ?」ということが多々でてきました。ホームページに記載されていた式の種類は【教会式・人前式・神前式】の3種類で、その中から好きなタイプを選べると書かれていました。 私は【教会式】で行うつもりだったのですが、打ち合わせの段階で「うちは基本的に人前式です。」と言われてしまいました。無理を言えば教会式に変更もできましたが、牧師さんに来てもらうのに+8万円と言われ泣く泣く諦めました。なによりコーディネーターの方が「絶対人前式がオススメ!」とかなりしつこく、押し切ることができませんでした。
もう1点後悔しているのは、ガーデンに虫が多かったことです。 見学に行った2月には虫が全然いなかったのに、実際式を行った6月はとても虫が多く、虫嫌いな私にとっては辛かったです。山なので虫がいて当たり前ですが、実際に式を行う時期のことまで考えないとダメだったなと後悔です。