まだ具体的に結婚の話が出ていないけど、結婚式場見学デートで行きたいな、と思う時ってありますよね。

 

「プロポーズされてないけど…」

「まだ両家の顔合わせもしてないし…」

 

そんな方でも結婚式場見学に行くのは全然OKなんです!

ただ、デートをプラスな経験にするためにも注意すべき3か条があります。

 

この記事を最後まで読むと、結婚式場デートを成功させて、一気に結婚へと進みだす運気を引き寄せる可能性が高まりますので、最後までお付き合いくださいね。

 

結婚式場の見学にデートで行くときに心得たい3か条

 

1.本音はぼかす

具体的に結婚話が進んでなくても、結婚式場見学に行くのはアリです。

ですが、結婚式場側も商売なので、

 

「全然結婚する予定はないんです」

 

とあまり正直に言わないほうが良いでしょう。

 

「色々見てるんです」

 

と言って、冷やかしじゃない風にしていたほうが、丁寧な説明を受けることができます。

 

 

設定でもいいので、「○月」に挙げる予定です、と1年くらい先の話をしていれば、式場側の人もそんなにグイグイ説明はしてこないでしょう。

 

 

また、デートで行くならブライダルフェアもおすすめです。

式場見学、はカップルごとに説明してくれるスタッフがつきますが、あくまでも雰囲気を楽しみたいのなら、ブライダルフェアのほうが良いかもしれません。

ブライダルフェアは、カップルで自由に会場を動き周ることができるので、式場見学よりは気楽に参加できます。

 

ブライダルフェアはどんなことをする?

 

イベント型のブライダルフェアなら、会場内のブースを自由にカップルで見学することができます。

 

  • 引き出物のお菓子屋さん(試食あり)
  • 引き出物のカタログ
  • ウエディングドレス
  • メイクコーナー
  • 料理の展示(試食あり)
  • 休憩コーナー

 

このような、ウエディングにまつわる業者が多数出展、ブースを設けています。

 

引き出物や料理のブースでは試食をすることができます。

 

 

会場をその場所に決めている人は、そのまま注文をすることもできる仕組みになっていたりもします。

(場所によりますが)

 

2.一人で舞い上がって彼氏に引かれないようにする

女性にとって夢である結婚式。

 

 

式場見学では、綺麗なウエディングドレスに、素敵なテーブル装飾、豪華な料理、と見るだけでテンションが上がるものがたくさんあります。

 

 

女性には楽しくて仕方ないですが、男性にとってはそこまでテンション上がるものではありません。

むしろ、歩き回って疲れた、と言い出すかも。

 

 

彼氏にも気を配りながら、「どういう結婚式がしたい?」と話を振ったり、「どういう結婚式なら両親は喜んでくれるかな?」と未来を想像させるような会話をしてみましょう。

 

 

結婚に及び腰の男性のお尻を叩くことができるかもしれません^_^

 

3.最後予約や契約をしない

結婚式場の見学が楽しくてテンションが上がったとしても、最後に予約、もしくは契約をしないようにしましょう。

具体的に結婚話が出ていたとしても、両親に相談もせず、進めてしまうと後でカドが立つ場合があります。

 

 

それに一度式場を予約してしまうと、前金を入れないといけないし、後でキャンセルしたくなった時にキャンセル料が発生します。

そうなると、後でもめて、彼と喧嘩になったりしてしまうので、この辺は気を付けたほうが良いです。

 

 

あくまでも「デート」ということを意識して、式場見学を楽しみましょうね。

 

 

ハナユメでは、全国の結婚式場の中から式場見学を予約することができます。

ドレス試着や、豪華な試食、チャペル見学も可能。

 

 

子供の頃から憧れていた真っ白なウエディングドレスをタダで着れるなんてテンション上がりますよね。

いつもと違う姿に彼も喜んで、「かわいいね」と言ってくれるかも^^

豪華で綺麗なチャペルを歩けば、将来の結婚式のイメージがどんどん湧いてきます。

 

 

そんな充実した結婚式場見学をしたいなら、ハナユメがおすすめです。

 

↓↓↓式場見学の予約はこちらから↓↓↓

花嫁の夢を叶えるHanayume(ハナユメ)