式場見学では初回特典として1件目に来てくれた方への割引などがあるため、

本当は1件目じゃないのに、1件目だと嘘をついてもいいのかな?と思ったことがある人は少なくないでしょう。

大金を使う催しだからこそ、少しでも得したい、節約したいという心理が働きます。

式場見学が1件目だと嘘をついた時のメリットとデメリットをまとめました。

 

式場見学が1件目だと嘘をつくメリット

1件目の特典がもらえる

 

結婚式場では来館特典として、「豪華演出体験」「試食体験」が用意されています。

1件目だと言いえば、何度もその特典を受けられるでしょう。

 

が、短期間に何度も行くとお互いに気まずいと思うので、2回目に同じ場所に行くときは、半年、1年ほどのある程度の時間を空けた方がいいでしょう。

 

費用を割引してもらえる

 

結婚式場は大まかなプランは用意していますが、カップルに合わせて少しずつ費用が変わります。

初回の見学で決めると、「○○万円割引します!」という値引き交渉が多いです。

 

そう考えると、同じ式場に2回目に行く場合は、嘘をつくメリットもあると言えます。

以前行った時と同じ担当者でなければ、問題ないですが、前回に名前などを記入していたとしたら、後で会社内でデータ照合した時にバレるかもしれません。

嘘がバレると中々気まずいでしょう…

 

また、別の結婚式場を複数回っていて、今回初、の式場見学に来たなら。

素直に式場見学事態はしたことがある、といって何の問題もありません。

 

他社との比較で、値引きしてくれることもあるので、

「○社は、○○万円で高くて。」と伝えれば、そこと比較した上での、値引きした見積りを出してくれるでしょう。

 

 

式場見学が1件目だと嘘をつくデメリット

 

また式場の説明を一から聞かないといけない

式場見学が初めて、というとスタッフは親切に色々と説明してくれます。

何度も同じ話を聞くという苦痛が伴います。

 

嘘をつくのがつらい

初めて、という設定で話を聞かないといけないですし、その演技をするのも疲れます。

 

 

まとめ

大金が動く結婚式なので、どこの結婚式場も、成約を目指して、特典や、値引きで他社と差をつけようとしています。

結婚式を挙げる側としても、できるだけ費用を抑えたいところ。

しかし、ただでさえ、結婚式準備は疲れるものなので、自分の心にかかる負担を考えて、嘘をつくか検討してくださいね。